高校野球部

 野球部の歴史・戦績

 昭和22年創部。夏の甲子園大会に4回、春の選抜甲子園には6回出場。うち準優勝2回、ベスト4に1回、ベスト8に2回進出している。

 昭和27年春、初出場。そのときのエースが現在の土佐中高等学校理事長の池上武雄先生。

 昭和28年は山本順三−永野元玄(日本高野連理事)のバッテリーで春夏連続出場。夏は決勝まで進み松山商業と対戦。9回2死まで2−1とリードしていたが、同点に追いつかれ、延長13回の末に敗れて準優勝に終わった。大会後、「優勝旗のない優勝校」とたたえられた。

 昭和38年に籠尾良雄監督が就任。翌39年には選抜大会に出場し、ベスト4へ進んだ。41年選抜ではエース上岡誠二(慶大−日本鋼管)を擁して、準優勝。この大会では、12人の部員による全力疾走での奮闘ぶりが、「大会の花」とたたえられた。翌42年夏には、エース萩野友康(慶大−新日鉄)で出場し、ベスト8まで進んだ。

 昭和50年夏、1回戦の桂高戦では、玉川寿(慶大−日本石油)サイクルヒットを記録した。翌51年選抜ではベスト8に進出した。

 平成元年夏に13年ぶりに甲子園に復活。平成5年春にはエース津野直志(明大−四国銀行)で甲子園出場を果たした。


 甲子園でのスコア

昭和27年春

1回戦   土佐 0-5 八尾
昭和28年春 1回戦   土佐 6-0 早実
2回戦   土佐 0-3 銚子商
昭和28年夏 2回戦   土佐 15-3 金沢泉丘
準々決勝 土佐 3-0 浪華商
準決勝  土佐 6-0 中京商
決勝   土佐 2-3 松山商(延長 13回)
昭和39年春 2回戦   土佐 7-3 浜松商
準々決勝 土佐 4-3 平安
準決勝  土佐 0-1 徳島海南
昭和41年春 1回戦   土佐 4-0 高野山
2回戦   土佐 10-2 室蘭工
準々決勝 土佐 1-0 平安
準決勝  土佐 7-1 育英
決勝   土佐 0-1 中京商
昭和42年夏 1回戦   土佐 6-3 浜松商(延長11回)
2回戦   土佐 2-0 武相
準々決勝 土佐 1-2 中京
昭和50年夏 2回戦   土佐 8-1 桂
3回戦   土佐 3-4 上尾
昭和51年春 1回戦   土佐 4-3 豊見城
2回戦   土佐 6-0 徳島商
準々決勝 土佐 3-4 小山
平成元年夏 1回戦   土佐 0-2 東亜学園
平成5年春 2回戦   土佐 3-5 東北
平成25年春 2回戦   土佐 0-4 浦和学院

 野球部の進学実績

 籠尾先生の指導による進学実績(昭和38年〜平成5年)
 総勢201名中195名が大学に進学
 慶應義塾大学 38名、国立大学 35名、明治・立教・法政・中央・東京理科大 34名
 同志社・関西学院・関西・立命館大 29名、早稲田大学 18名、その他大学 41名

 最近の進学実績(平成15年度〜平成21年度の7年間)
 国公立大学 28名  慶應義塾大学 10名  早稲田大学 3名
 明治・立教・法政・中央 青学 東京理科・学習院 17名
 同志社・関西学院・関西・立命館 30名
 その他私大 15名

 野球部の練習・日常生活

(1)監督・部長の紹介

監 督  西内 一人
部 長  楠目 博之
副部長  坂本 隆

(2)練習について

 平日は4時頃から、夏場3時間・冬場2時間程度の練習を行います。土曜日は4時間授業終了後、1時30分頃から練習を行います。また、日曜・祭日は練習試合を行います。

(3)グランド・右文寮の紹介

 高知桂浜道路の料金所を過ぎると、野球部の練習場である向陽グラウンドの案内があります。
 
 両翼90m、中堅120mのグラウンドです。
 水はけがとてもよいので、少々の雨ならばグラウンドで普段の練習ができます。
 
 グラウンド内にも一塁側と三塁側にブルペンがありますが、バックネット裏にも写真のようなブルペンがあります。屋根があるので、雨が降っていても投球練習ができます
    
 バックネット裏には観客席があります。試合の日には多くの観客で埋まります。
 また、バックネット裏の斜面は蔦で覆われています。これは甲子園球場のリニューアル工事に伴いいったん取り払われた蔦の一部を頂き育てたものです。(高校野球20世紀メモリアル事業の一環として全国の高校野球連盟加盟校4170校に配布された)
 ちなみに、この蔦が根付くまでは、坂本先生が熱心にお世話(水やりなど)をされたそうです。
 
 バックネット裏には籠尾先生の功績をたたえた記念碑があり、部員たちの練習を見守ってくれています。 この記念碑には「右文尚武の理想 いたぶる全力疾走 純白の土佐 とわに輝け」と書かれています。
 
グランド東南にある右文寮です。昭和41年にできた寮を新しく建てなおして、昭和51年に完成した鉄筋2階建ての野球部寮です。
右文寮の一室。

右文寮入り口に掲げてある右文寮の寮是。この寮是をもとに、寮長を中心に自主的に運営されています。

右文尚武(文武両道)、礼節、規律の尊重、友情、積極性の滋養と切磋琢磨を是とする。

佐伯達夫先生(元高野連会長)の書。右文寮の新築の際にご揮毫いただきました。右文寮に掲額され、部員たちの生活と練習を見守ってくれています。

アマチュアスポーツの真髄を、無欲、無私懸命さに求め、若人の熱と力で無心に球を追う姿を高校野球の生命としている。

籠尾良雄先生(元監督)の書。籠尾先生は、30年の監督生活の間、右文尚武(文武両道)という高校野球の理想を実現できるように、努力されてきました。

それ右文と尚武こそ強者の競ふ栄冠ぞ・・・校歌 4番より

 

自習室です。練習の後に補習授業があります。英語・数学を週二日、国語を一日(高1のみ)、学年別に午後8時から百分間行います。
* 向陽グラウンドへお越しの際は、「高知県道路公社 高知桂浜道路管理事務所」を目印に来て頂くとわかりやすいです。この事務所の西側に向陽グラウンドがあります。

■ 高知桂浜道路管理事務所の住所 : 高知市長浜1209-1
■ 右文寮(ゆうぶんりょう)の住所 : 高知市北竹島342-1 

 こんな先輩方がいらっしゃいます

(1)東京六大学 野球部主将経験者 ( )は、主将在任時の年次

慶應義塾大学 6名

  • 島村聖(S 43)       ⇒NKK
  • 上岡誠二(S 45)      ⇒NKK 後に監督も務められる
  • 萩野友康(S 47)リーグ 3連覇  ⇒新日鉄 後に八幡の監督も務められる
  • 高多(佐藤)倫正(S 51)  ⇒土佐高校野球部監督
  • 中村哲(S 54)       ⇒伊藤忠
  • 森山健一(H 元年)     ⇒三菱地所

東京大学   3名

  • 片山直久(S 42)      ⇒興和プロパティマネジメント社社長
  • 浜田一志(S 61)      ⇒AI西部学院 院長
  • 藤沢章雄(H 3)200勝達成時の主将⇒東京大学大学院先端科学技術研究センター

(2)弁護士

  • 市川直介(慶應義塾大学⇒森綜合法律事務所)
  • 松本徹(大阪市立大学⇒大江橋法律事務所)

(3)医師

  • 山本志雄(鹿児島大卒)
  • 池上信夫(高知医科大卒)
  • 溝渕敏水(慈恵医科大卒)

(4)大学学長

  • 岡村甫(東京大学野球部で投手として通算 17勝達成)
    元 高知工科大学学長
      東京大学名誉教授
      平成 13年 紫綬褒章受賞

 試合結果(平成 20年度 公式戦)

春季県大会

優 勝 5−1 明徳
春季四国大会 1回戦 1−6 今治西
選手権予選 1回戦 1−5 高知中央
秋季県大会 1回戦 0−4 高知南

 試合結果(平成 21年度 公式戦)

春季県大会

準々決勝 1−8  明徳
選手権予選 2回戦  2−3  高知南
新人戦 準々決勝 5−10 高知商業
秋季県大会 準決勝  1−10 明徳

 試合結果(平成 22年度 公式戦)

春季県大会

1回戦 2−11 岡豊
県体 1回戦 3−1  宿毛工
2回戦以降は雨で中止(ベスト8に残った土佐を含む8校が優勝)
選手権予選 1回戦 2−4  高知中央
新人戦 1回戦 0−1  須崎
秋季県大会 3位決定戦 5−2 高知商業
 (秋季四国大会への出場が決定) 

(C)2002 Tosa Junior & Senior High School.All rights reserved.